三共-レトロ羽根モノ

【プレス機作業中⇒通行止】道路工事のレトロ台が懐かしい【三共/羽根モノパチンコ】

管理人:JOKER
管理人:JOKER
こんにちは♪管理人のJOKERです!

今回は、三共の懐かしいレトロパチンコ台羽根モノ道路工事について見ていきましょう。

 

この台は、当時の大人気パチンコ台でしたが、あなたもハマっていたのではないでしょうか?

 

それではそんな懐かしいレトロパチンコ台道路工事について確認していきましょう。

スポンサーリンク

三共・道路工事ってどんな台?

管理人:JOKER
管理人:JOKER
道路工事ってどんな台だったのかな
レトロ羽根モノパチンコ台:三共・道路工事レトロ羽根モノパチンコ台
三共・道路工事

1990年に登場の道路工事ですが、出玉はすべて13玉です。

 

台のコンセプトは、ズバリ、工事現場のおじさんです。肉体労働者がモデルになったことでも話題になりました。

 

本来、裏方の労働者にスポットが当たったのがウケたのかもしれませんね。

 

台の下方にある羽根を開くためのチャッカーはこんな感じになります。

道路工事・チャッカー道路工事・チャッカー

 

左右のチャッカー入賞は羽根1回開き、中央入賞で羽根が2回開きます

 

各入賞口のキャラクターもヘルメットをかぶったおじさんです。ツルハシまで持っているのがいい味を出しています。

 

チャッカーに入るとこんな感じで羽根が開きます。

道路工事・羽根の開閉道路工事・羽根の開閉

 

羽根自体がポールになっていて工事現場感が徹底されていることが分かりますね。

 

また、道路工事の役物はこのようになっています。

道路工事の役物道路工事の役物

 

中央奥にはプレス機を持った作業員のおじさんがいます。(プレス機はつり機説もあり)

 

また空間の中央には上下段を分けるプレートがあります。

道路工事の役物・上下段に分かれる道路工事の役物
上下段に分かれる

 

上段中央には溝があり、ここを通過して下段に行くことがVゾーンへの王道になっています。

 

下段中央にも溝がありこの溝に乗ると、Vチャッカー入賞の確率がUPします。

三共・道路工事:下段中央の溝に乗せるとGOOD三共・道路工事
下段中央の溝に乗せるとGOOD

 

ただ、他の玉と干渉してしまい入賞を逃すことも多くありました。

 

そして、下段は中央3分の1くらいのエリアが盛り上がっており、左右からの侵入は阻まれます。

三共・道路工事:下段中央エリアへは左右から侵入困難三共・道路工事
下段中央エリアへは
左右から侵入困難

 

羽根の1回開き・2回開きの状態での入賞はかなり困難でした。

スポンサーリンク

三共・道路工事の入賞のアクションは?

管理人:JOKER
管理人:JOKER
道路工事の入賞アクションを見ていこう
三共・道路工事:通常入賞は難しかった三共・道路工事
通常入賞は難しかった

 

三共・道路工事の継続はMAX8ラウンドです。

 

中央の作業員のおじさんプレス機を動かしながら前進してきます。

 

3カウントまたは羽根が5回開閉するまでは、おじさんと上段のプレートのすき間が無くなるので上段で玉が貯留されます。

三共・道路工事:大当たり中の上段貯留三共・道路工事
大当たり中の上段貯留

 

2個くらいまで上段で貯留されますが、その後おじさんは後ろに下がり、貯留された玉は下段に落ち磁石の力でおじさんの前で貯留されます。

三共・道路工事:下段は磁力で貯留三共・道路工事
下段は磁力で貯留

 

ここでも2~3玉くらい貯留玉にくっつきますが、多くの玉が磁力でくっつきすぎるとパンクの可能性が高くなってしまいます。

 

その後、6カウントまたは羽根の開閉が11回になるとこの貯留が解除され玉はVゾーンに向かっていきます

三共・道路工事:貯留解除後のV継続三共・道路工事
貯留解除後のV継続

 

あなたもパンクの経験があったのではないでしょうか?

 

とてもハラハラする瞬間ですよね。

 

入賞中は役物のおじさんはずっとプレス機を動かしています。だんだん愛着がわいてきますね。

三共・道路工事:おじさんの動きがかわいい三共・道路工事
おじさんの動きがかわいい

 

そして、通常時は通行可ですが、V入賞中は通行止の表示になります。

三共・道路工事:通行可と通行止三共・道路工事
通行可と通行止

 

V入賞時はおじさんが工事の作業をしているので通行止にしているのでしょう。

 

細かい仕掛けがあるのが羽根モノの良いところですね。

スポンサーリンク

三共・道路工事を打った人の感想は?

管理人:JOKER
管理人:JOKER
道路工事を打った方々の反応を見ていこう

今でもこれだけの方が道路工事のレトロ台のことを話題にしているということは、やはりたくさんの方に愛されている台だった証ですね。

 

今日も最後までお付き合いいただきありがとうございます。

スポンサーリンク